着物LIFE

着物のあるくらし

身長や体型を選ばない

着物ってなかなかとっつきにくいものです。私も数年前まではそうでした。でも、どうしても着物を着なくてはならない状況になって、着付け教室に通うことになりました。着付けは、着方でいかようにもなるものです。洋服でしたらそのデザイン、形ですべてが決まるものですが、着物の場合、どう見せるかはその人の着こなしにかかっています。もともと、着物は布のようなものを上手にまとうことで「着こなす」という表現がふさわしいものです。

布をまとうということはすなわち、着る人の身長や体型を選ばないということです。長さや締め方を調整して、着る人にあった風にうまく変えるものなので、着る人の体型を問わないのが着物です。現代ではいかにやせているか、いかに体型をやせてみせるか、ということばかりが重要になっていますが、着物の場合はやせすぎていてはいけません。やせている人の場合は当て布をして補てんします。これによって、落ち着いていて清楚な、美しい着物を見せることができるのです。

やせすぎは健康を損ねるものですし、現代社会では行きすぎな感がありますが、着物を着る上ではまさにこのことが実現されています。このため着物を着ると自然と姿勢がよくなります。姿勢よく着物を着こなすことが重要です。このように、着物のデザイン(柄)だけではなく、着こなしが大変重要な着物ですが、要するに、着物は着付けで決まるのです。着付けといっても、ただ単に着物の柄を合わせるだけ、表面を整えるだけではありません。着付けをするうえで重要なのは、襦袢(肌着)の時点からいかに美しくきっちりと来ているかということです。

重ね着が基本ですので、一番下の肌着がずれていると、その上にはおる着物にもずれができてしまいます。これが実は一番重要で、着付けがしっかりとできていないと着物の着こなし自体が崩れてしまい、せっかくの着物も台無しです。また、上に重ねていくのですが、襦袢がきちんと着つけていない場合、表面上だけ取り繕ってもやはり差が出てしまいます。着物の美しさは、着物の柄だけではなく、むしろその着こなしが重要なのですが、見えない部分からすでに着こなしは始まっているのです。

着物を着ていると必ず「着くずれ」が発生しますが、これもすべて、もともとの着付けがきちんとできているかで取り繕い加減が違ってきます。もともとの着付けができていないと、応急処置で着くずれを直すにしても限界があります。見えない部分の着こなしから始まり、立ち居振る舞いにも気を付ける、そんな着物を着てみるということはやはり日本人の本来の姿なのかもしれません。

Copyright©2013 着物LIFEAll Rights Reserved.