着物LIFE

着物のあるくらし

和装の魅力

グローバル化が進みました。外国の人にも和装は魅力があるようです。しかし、着物は日本の民族衣装なので、当然のことながら日本人に一番似合います。こんなに素敵な古き良き日本の伝統である和装の魅力を再認識して、世界に発信したいものです。和装の魅力はたくさんありますが、流行に左右されない事もその一つです。洋服なら、古くなったものを、ほどいて仕立て直すことはありません。着物は、母親や祖母のものであっても、染め直したり、仕立て直したりすれば蘇ります。

むしろ、古き良き日本の伝統を持った着物が新鮮なイメージになります。つつましく清楚に箪笥の中に眠っている着物を再利用しましょう。洋服と違って畳めば一枚の布になって、収納するのもコンパクトです。同じように、ベッドを置けば寝室ですが、布団なら畳んで片付ければ、多目的の部屋として使えることからも、古き良き日本の伝統は合理的でもあります。和装の魅力はサイズに影響されない点にもあります。母親や姉妹で同じ着物が着れるのも、購入する時は高価であったとしても、かなりお得感があります。和装の下着も洋服ほどこだわりはありません。

これ程、素敵な着物なのに、着る人が少なくなったのは残念です。和装には、色々決まりごとがあるのも事実です。しかし、厳密なルールではありません。参考程度にすればよいのです。着物を気慣れたベテランにきくと、自由に自分が気持ち良いように着ればそれで十分だそうです。補正など面倒なことは必要ないそうです。少し前の先輩日本人は、着物で家事全般をこなしていました。外出も家にいる時も着物でした。着付けも意外に簡単に習得出来るものです。

着付けのノウハウの本もたくさん出ています。近くのベテランに教えてもらうのもよいし、時間があったら、着付け教室に通うのもよいでしょう。着物というと、振袖や訪問着などの礼装を考えてしまうのですが、もっと気軽に普段、着物を着ることを考えたいものです。アンサンブルなら、帯は半幅帯でも素敵に和装の魅力が発揮出来ます。ウールの洋服なら外出着です。ウールの着物で、友人の集まりに出て、楽しみましょう。つつましく清楚に、自分に似合うように着付けて、ナチュラルメイクで素敵です。日本は観光立国を目指しています。古き良き日本の伝統、和装の魅力は日本の魅力です。秋になったら、カジュアルな着物で、国際社会のコミュニケーションのツールである英語のレッスンに通うのも楽しいことです。

Copyright©2013 着物LIFEAll Rights Reserved.